ボディメイクへの興味が、全くのゼロだった私がなぜボディメンターを受講したのか?

「どうしたら、もっと相手にヤル気
なってもらえるのだろう?」

 

 

今回の記事はそんな想いを抱え、
私の伝えたいことが相手に伝わるように
するためにはどうすればいいのか?」
と、悩まれている起業家経営者
みなさんにお役に立つことができます。

 

 

こんにちは!

 

 

現在、鉾立さんは個人起業家さんのために、
ビジネスをプロデュースするUSPプロデューサー
としてご自身の会社を
経営しています。
そして数多くのクライアントを抱えています。

 

 

それが鉾立さんの状況でした。

 

 

「さらにうまく相手の心をつかみ、
私の伝えたいことが相手に伝わるように
するためにはどうすればいいのか?」

 

 

そう想い、なんとか自分の道を切り開きたいと
考えた鉾立さんがどのようにボディメンター
を知り、何を感じ、実行し、変化したのか?

 

それを学び取ってみてください。

 

 

コミュニケーションを改善したい!

 

 

私と中さんとは元々の友人同士。ですが、
友達だったため、仕事としては、
私はずっと中さんはマジシャンであり、且つ、
婚活を中心としたコミュニケーション
専門家だと思っていました。

 

 

2016年12月、私は自分の
コミュニケーション
さらに
改善したい
と考え、
中さんに連絡を取ったのです。

 

 

中さんの家 兼 オフィスにて、最初の
対面でのコンサルティングが行われました。

 

 

元々が友人関係ということもあり、中さんを
信頼していたということもありますが、
中さんの気さくな雰囲気も手伝って、
どんどん解決したい悩みの詳細を
打ち明けることができました。

 

 

「どうしたら、もっと相手にヤル気
なってもらえるのだろう?」

 

 

しんどいと思うこともやっぱり
あるのですよね・・・。」

 

 

「この状態って乗り越えられること
できるんですかね?!」

 

 

12月の年末ということで忙しく、
気弱になっていたのかもしれません。
ですが、そんな時、中さんは
こうおっしゃってくれました。

 

 

「由紀さん、相手を信じるために
最も必要なこと
ってなんやと
思いますか?」

 

 

私はその時、瞬間、戸惑い答えることが
できなかったことだけは覚えています。
そんな私に中さんはこう教えてくれました。

 

 

相手を信じる強さを身につけるために
必要なのは
胆力です。
そしてそれを
身につけるために、ボディメンター
一番由紀さんのお役に立てると思いますよ!」

 

 

20代の頃にエアロビを週2くらいのペースで
行っていたこと以外、ここ10年ほど
全く運動していなかった私は
正直驚きましたし、また、
自分にできるのかな?と不安にも思いました。

 

 

ですが、私はリーダーとして
コミュニケーション力をあげることも
もちろんですが、相手を信じる力
向上させたい。

 

 

コミュニケーション力も大事だけれど、
それは常に相手を信じる心から
発せられなければならない。

 

 

その中さんのアドバイスに心底納得しましたし、
また相手のためになんとかしたいと
想う気持ち
に関しては誰にも負けない気持ちが
ありました。

 

 

そしてだからこそ、その時の私は
「(やるしかない!)やります!」と
中さんに返事をさせていただいたのです。

 

 

どんなに大変なことが
待っているんだろう?

 

 

実際にボディメンターがスタートしたのは
2017年の1月からでした。
「どんなに大変なことが待っているんだろう?」

 

 

そんな不安を覚えながら、いつもの中さん宅に
向かい、ボディメンターの初の講義を受けました。

 

 

すると、私は体重を減らしたいわけではなく、
体重を増やしたい方なので、まず、
体重を増やすための指導をいただきました。

 

 

まず、タンパク質を摂取するために、
プロテインビタミンアミノ酸などを
取るためのサプリメントなどをオススメいただき、
どこの商品をどのように購入したらいいのかも、
すべて丁寧に教えていただきました。

 

 

ですが、一番驚いたのが、ボディメンターの
食事のスタイルです。

 

 

すべて3日サイクルで進むのですが、1日目が、
サラダデー(サラダだけを食べる1日)、

 

 

2日目がタンパク質デー(肉などを中心に
タンパク質中心の日。サラダは食べてもOK)、

 

3日目はチートデージャンクでもお菓子でも
炭水化物でも、とにかくお腹いっぱい食べる日)
と、変に偏ったダイエットによるストレスでの
リバウンド防ぐため、とにかくチート(※)
デーを活用するように教えてくれました。

 

 

(※チートというのは英語で「だます」という
意味だそうで、自分をいい意味でごまかす日
という意味です。)

 

 

そして私の場合は、1日目のサラダデー
を返上して(痩せたくないため)、
2日間タンパク質デー、そして1日が
チートデーで回してもいいという感じで、
とにかく食べることをモットーとしました。

 


(ただし炭水化物はチートデー
以外では
ナシですよ(^^))

 

 

私にとっては食べないストレスよりも、
食べるストレスが大変でしたが、
まず食べること。

 

 

そしてその食べたものが
筋肉に変わるためのメカニズム
教えていただくことにより、プロテイン
をうまく活用することができました。

 

 

できるかな~?

 

 

そして、当然、食べることと同時に
私に襲い掛かってきたのが(笑)、
初めての筋トレ

 

 

ですが、中さんとのトレーニングは
ものの15分位で終わります。

 

 

まずメニューはスクワット50回
腕立て伏せ10回を3セット
立ちコロ10回そしてプランク2分

初めはできるかな〜?と不安に
思うのですが、意外や意外、結構これが
できてしまうもの(確かにキツイですが、
できます。)。

 

 

このできてしまうことの理由に、中さんの
声がけのうまさがあることがあげられます。
プランクをしていて「もうダメだ〜!!」
思ってしまいそうな時にこそ、中さんから、

 

 

「由紀さん、あきらめない!顔を上げて、
大切な人のため、その人の
幸せを祈って〜!
あと〇〇秒!!」
などと都度声がけされるのです。

 

もちろん、私がこのボディメンターを
やっている理由が、胆力
つけるためのなのですから、
この言葉を言われて、負けるわけには
行きません(笑)。

 

 

こうやって、1つできるようになると、
また新しいフォームのスクワット
腕立て伏せ立ちコロプランク
実施するという形で、一切、筋肉に休みを
与えてくれないのです。

 

 

だから、ボディメンターのトレーニングの
次の日はいつも筋肉痛・・・。

 

 

20代ですね!

 

 

そしてそのため、ヒップもあがり
(71歳の母でさえ気づくレベル)、
お腹も割れてき始め、姿勢が整う、と
いう変化が次々と現れるようになったのです。

 

 

さらには、このボディメンターの期間中、
人間ドックに行ったのですが、

 

 

「血液のレベルが20代のレベルですね!
今日の人間ドックに来られた方で一番いいと
思いますよ!」
素晴らしいフィードバックをいただく始末!!

 

 

そしてもちろん、クライアントを中心とした
周りの人々との人間関係も、私が相手を
信頼するという
胆力
を身につけることで、

 

不安からのコミュニケーションではなく、
信頼からのコミュニケーションを育むことが
でき、より建設的に進めることが
可能となってきたのです。

 

 

中さんのボディメンターは、
厳しい食事制限もなく
また15分以上の運動もしません

 

 

私は家でもやっていますが、
それも1日3分ほどのスクワット
ローラーというレベルです。

 

 

特に乗せ上手な中さんのおかげで、
なぜかローラーがとても得意になっていました。

 

 

そして、得意でできてしまうので、ローラー
楽しく家でもやっている
という感じで、
自分の中では厳しくやらされている
いう感じは全くありません。

 

 

この運動をまったくしてこなかった私が、
ここまでに変化するのですから、
ボディメンター、恐るべしです(笑)

次の方にお勧めします!

 

 

ボディメンターは、太っていることを
気にしている人にも、痩せていることを
気にされている人にも両方にお役に
立てるとは思いますが、

 

 

私が一番受講をオススメするのは、
起業家経営者などの人を育て、
率いる立場の方にぜひ受けて
いただきたいと思います。

 

 

こんなに簡単に胆力が培われ相手を信じ
さらにその上でコミュニケーション力
中さんから指導していただけるのであれば、
これ以上に嬉しいことはありません。

 

 

また、筋トレや食事制限がきびしすぎて
ストレスになってしまいリバウンド
してしまうような本末転倒になることも、
ボディメンターの場合は、一切ナイ
ということを私がココに保証します。

 

 

このボディメンターを通して、
「今までの筋トレって一体何だったの?
を一度体験してみて下さい。

 

まったく新しい筋トレスタイルである
ボディメンターを通して、
新しいステージに駆け上がること、
間違いなしですよ(^^)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です